ダイエットや投資、エステについてのお話

引越しの下準備について

「引越しをする」というのは、「住居を変えること」ですね。
それまで住んでいた部屋を引き払って、新しい住居を探さなくてはなりません。
住まいを変えるためには、諸々の手続きと引越しの下準備が必要になります。
引越しの簡単な流れを覚えておくと、実際の作業がはかどりますよ。
ここでは引越しの下準備について、順を追って見ていくことにしましょう。

引越し作業は、部屋探しをするところから始まります。
ひとつの部屋だけではなく、いくつかの部屋を見ておきたいですね。
条件の良い物件があれば、必ず下見に行きましょう。

ここだと思う物件が決まったら、早速引越しの日取りを決めます。
続いて、今住んでいる部屋の管理者に連絡を入れて、引越しの意思を伝えます。
連絡が遅くなると、退去する月の家賃を、そのまま請求されることがあるんです!
新しい住まいへの入居には、敷金&礼金などがかかりますよね。引越し費用もバカになりません。
余分な出費を抑えるためにも、早めの連絡を心がけてください。
入居時に取り交わした契約書をよく読んで、退去時の連絡は何ヶ月前までとなっているのか、確認しておきましょう。
基本的には、「1~2ヶ月前までに退去の通知を求める」とする契約書が多いようです。

次に、複数の引越し業者へ見積もりをお願いします。
サービス内容や料金を比較して、信頼できる引越し業者さんを選びましょう。
業者の手を借りずに引越しをするなら、荷物の運搬に使用できる車の手配を忘れずに!
また手伝ってくれる友人を募る場合は、お礼を考えておくのがマナーでしょうね。

運び出す荷物が少なければ少ないほど、引越し作業は楽になります。
不要な物は、どんどん捨てるくらいの気持ちでいきましょう。
たくさん出たゴミは、当たり前ですが自治体のゴミ処理方法に従って処分します。
粗大ゴミの処理方法が判らない時は、電話で自治体に問い合わせましょう。
一方、古本やブランド服などは、買い取り業者へ持ち込みます。
それなりの金額で買い取ってくれることもあるので、思いがけずお小遣いが手に入るかもしれませんよ!

エアコンを設置している人は、買い換えを視野に入れておきましょう。
場合によりけりですが、エアコン工事を業者に依頼するよりも、リサイクル料金を払ってでも買い換えた方が安く付くことだってあるんです。
エアコンの引越しは、専門の業者に頼むか、引越し業者の取り付けサービスを利用するかの2択です。
どちらの業者にも前もって見積もりを出してもらうと安心ですよ。

最後に搬入作業の効率がアップする、下準備をご紹介しておきますね。
まず新居のおおよその間取りを紙に書いてください。
さらに家具を運び入れた際のレイアウトをイメージして書き込みます。
家具をどのように配置すれば良いのか、ひと目で判る「間取り図」を作っておくんですね!

当日、引越し業者に手渡して、「間取り図」の通りに家具を設置してもらうようにお願いします。
また、「間取り図」の部屋ごとに番号を書いて、そこに運び入れたいダンボールにも番号を振っておきます。
こうしておくと荷物の搬入時、いちいち業者に指示を出さなくても済むので、引越し作業のスピードが上がるんですね。

この他にも必要な手続きは沢山あります。
できれば引越しまでの計画表も作って、必須の手続きを書き出しましょう。
終わった項目をチェックしていけば、手続きのし忘れを防ぐことができますよ!

« 前のページ