宿便の解消方法ならプチ断食

宿便の解消方法ならプチ断食

2014年10月13日 11:07 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

宿便というのは、毎日の排便で残ってしまった老廃物が腸内に溜まってしまうことで出来てしまいます。このことからどのような人の腸の中にもあるものだと言えます。宿便は排泄させずに溜めたままにしてしまうと、体調に影響がでます。体調がすぐれない程度ならまだしも、生活習慣病などの病気の引き金となるリスクが高いので注意が必要です。
習慣的に排便が滞っている人のなかには薬で強制的に排泄してしまうこともあるでしょう。しかし、薬を長期間継続して使用することは賢明な方法とは言えません。できるだけ腸の働きを正常化させて、自然な排泄ができる方法を検討するとよいでしょう。
最近人気なのが、週末を利用したプチ断食です。決められたプログラムに従って、食事を制限することで腸を休めることができ、腸内を掃除することがてぎるのです。腸や内臓を休ませることで、体内に溜まった老廃物が排泄しやすくなるのです。全く飲まず食わずという荒行とは違って、水分の補給や最低限の栄養は摂取しますので安全です。
宿便が排泄されると、新陳代謝や血行が良くなります。このため、体の機能が正常に働くようになりますので、太りにくい体質になったり、肌トラブルを改善することができます。また、体内の浄化ができることからアレルギー体質の改善にも効果があるといわれています。
たった1日の断食でも体調の変化を感じることができるでしょう。断食は長期間行うのではなく、定期的に1日程度行うと効果的です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lbgsa.org/wp-trackback.php?p=54

コメントを投稿する




ここにコメントを記入してください。