セルライト 自己ケア

セルライト 自己ケア

2013年10月24日 03:27 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

セルライトは脂肪や老廃物などが凝り固まってできたものであり、一度付いてしまうと取り除くのはなかなか困難です。
ダイエットに励んでいる方でなかなか痩せないなと困っている方はひょっとしたらセルライトが溜まっている可能性があります。
セルライトは通常のダイエットを行っているだけでは落ちません。
痩身エステにも書かれていますが、エステや美容クリニックに行って、セルライトを除去するために専用の施術を受ける必要があります。
しかし、これらの施術を受けるのには高額の費用が必要とされますのでなかなか行く機会がないと困っている方も多いでしょう。
そこで、応急処置として、自己ケアによってセルライトの進行を遅らせたり、多少はセルライトを小さくすることが可能な方法があります。
セルライトは血流やリンパ液の流れが悪くなることによって生じます。
つまり、自己ケアによるマッサージによって、血流やリンパ液などの循環機能を促進させれば、新陳代謝が活発化されて、セルライトができにくい体質へと変化させることが可能です。
セルライト除去マッサージを自分で行うことにより、セルライトを除去するだけでなく、セルライトの予防にもなるので、大変有効な方法です。
方法は簡単で、セルライトができやすい部分である太ももやお尻、ふくらはぎなどをつまんだり、さすったり、揉んだりするだけでよいのです。
セルライトは脂肪や老廃物などが溜まっているため、それらを血液中に押し戻す要領でやってもらいます。
お風呂上りなど血行が改善されている時に行うと効果的です。
入浴中にタオルやブラシなどを使ってマッサージを行うのも良いでしょう。
毎日、数分間だけでもよいのでやっておきましょう。
これによって、セルライトを除去できる可能性がありますし、血行やリンパの流れが促進されることによって、健康的で痩せやすい体質へと変化します。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lbgsa.org/wp-trackback.php?p=37

コメントを投稿する




ここにコメントを記入してください。